国際結婚仲人 | アジア女性との国際結婚を完全サポート

アジア国際結婚学院

国際結婚後に考えたい永住権

国際結婚から一定の年数が経つと、永住権を取得できる資格が得られます。永住権は、条件を満たしていれば取得できる可能性が高くなります。こちらでは、国際結婚後に考えておきたい永住権についてご紹介します。

在留資格認定書を経て取得しやすくなる永住権

もともと、外国人が日本に滞在するためには「在留資格」をどれか一つ持っていないと滞在することはできず、日本人と結婚した外国人の多くは、在留資格認定書と呼ばれる「日本人の配偶者等」という在留資格を取得しています。

日本人の配偶者等を取得すると1年または3年在留することができ、結婚後3年以上日本に在留したことが認められると永住権を取得しやすくなります。

ちなみに、他の在留資格を持っている人が永住権を取得しようとした場合は、10年以上在留していなければいけません。

在留資格認定書を経て取得しやすくなる永住権

更新の必要がない永住権

在留資格認定書は1年または3年と在留期間が決まっていますが、永住権はその名の通り、外滞在期間を制限されることなく永住できる権利です。在留資格認定書の場合、定められた期間を超えて滞在する際には、本物の夫婦であることを証明する必要書類をいくつも用意し、入国管理局で更新の手続きをしなければいけません。

一方、永住権は在留期間に制限がないので更新の手続きは不要で、離婚した場合でもそのまま日本に住むことができます。そのため、在留資格の中でも永住権は最も安定した資格であり、国際結婚した人にとっては最も取得したい資格といえます。

永住権を取得するために必要な条件

永住権を取得するには、日本に住んでいる年数、収入・資産、素行などの条件を満たしていることが必要です。日本に住んでいる年数においては、在留資格認定書が3年のものであり婚姻後3年経過していることが条件です。

また、日本で生活していくことができる安定した収入もしくは資産があること、前科がなく税金や年金をきちんと納めていることが必要です。こういった条件を満たしている方は、申請を検討することをおすすめします。

永住権を取得するために必要な条件

タイ国際結婚学院は、国際結婚サービスだけでは無く、国際結婚をする上での在留資格や永住権、苗字の変更、戸籍に関することなど、国際結婚に関する各種手続きをサポートしております。ご相談は、無料と成っております。お気軽にご相談ください。

アジア女性と国際結婚をご希望なら

  • 会社情報へ
  • 株式会社フォーライフJAPAN アジア国際結婚学院
    【サービス拠点】 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-7
    【お問い合せ】電話03-5289-8312平日:12:00~21:00(水木休み) / 土日祝日:10:00~19:00 
    【メールアドレス】info@forlife-japan.com

このページの先頭へ戻る