婚約後の道のりは、後戻りのない一本道

婚約式以降は、奥様の入国に向けての活動

お見合い・婚約式と進めば、後は正式な手続きを踏み、無事に日本に奥様として迎え入れるための活動となります。
☆ご自分が選んだ奥様です。大切な宝物です。
☆奥様は、単身で日本に嫁いできてくれます。
☆奥様入国後に苦労を最小限に少なくするのも愛情です。
そのことに事態が、とても重要なことで、相手に愛情をもって接していく必要が有ります、感謝を忘れず一歩ずつ歩んでいきましょう。
一方的に日本の風習(家族ルールなど)を押し付けることは、とても恥ずかしい行為となります。家政婦やペットを飼うわけでは有りません。海外から嫁ぐ奥様の価値観を十二分にご理解の上、将来設計をしてみてください。なぜなら、
もし、貴方が国際結婚でお相手の国に住むことを考えて見てください。転勤や出張とはとは次元が違います。知り合いがいない外国に一人で済むことです。家族や親戚・兄弟・友達・知人さえもいない土地です。言語も全く通じない場所になります。とても寂しいことです。同じ言語の話せる日本国内でも、遠隔地に移り住むことは大変なこととよく言われます。
その奥様の唯一の相談者が貴方になります。ラオスの家族や友達に相談しても、、、言葉も習慣も違うから、アドバイス通りしても、四面楚歌になることは必然です。そんなところに嫁いでくれる大切な宝物が奥様です。このことを理解頂き、思いやる気持ちを持てれば、貴方は、国際結婚の成功者に成れることでしょう。まずは、入国前に奥様が日本に来て苦労しないための応援をお願いいたします。
☆日本語が話せなければ、意思の疎通はできません。日本に来てからでは遅いと言えます。
☆大切な奥様と言う気持ちを相手に理解して安心して日本に来てもらう努力をしましょう。
☆家庭内の環境を住みやすい環境に整備してあげましょう。
ーー重要なポイントーー
国際結婚は、体の言い家政婦を雇うわけでは有りません。ご自分の親御さんの介護のお手伝いでもありません。労働目的や自己満足のための道具ではない点を十分に理解してください。

婚約式帰国後のイベントについて

婚約式帰国後は、奥様の日本入国に向けての準備となります。

≪在留資格取得申請に向けて≫

在留資格を取得するということは、日本人配偶者として日本で定住する権利を頂くことですそのためには、「在留庁(認定評価をして頂く組織)」が、対象者(奥様)に対してその資格を与えて問題がないと認めて頂く必要が有ります。その評価ポイントは、夫婦としての婚姻事実・恋人や夫婦としての交際状況・家族などの承諾・偽装結婚ではない・就労目的ではないなどを評価していると言われています。その内容を事実にもとづき書類に纏めて提出することになります。自己評価ではない点が挙げられます。当社はその対応に必要な現地書類の準備をお手伝いいたします。後は、恋人同士・夫婦としての交際歴がしっかり出来ていれば大丈夫です。担当者のアドバイスに耳を傾けて対応することをおすすめいたします。 

≪奥様入国に必要な活動≫

一番大切なことは、奥様の日本語習得となります。来日して日本で住む上で、必要不可欠な要素に「言語習得」が有ります。会員活動中は当社のフォローもありますが、入国後は二人で全て対応していくことになります。「家庭内会話」「買い物に行く」「近所付き合い」「親戚・知人との付き合い」すべてに対して日本語が必要となります。ポイントは、日本入国前に日常生活を送れるレベル(日本語検定4級teidoga以上理想)を習得させておくことが必要となります。「日本語習得は来日後でOK、二人がわかればそれでよい」は、大きな間違いです。寂しい・悲しいは、奥様となります。日本入国までの間に旦那様が一番に考えてあげる必要が有ります。 

≪また会いたいときの対応≫

夫婦としてのコミュニケーションで一番大切なことは、スキンシップとなります。しかし、ラオス国のルールで「入籍までの間は恋人・夫婦としての営みは禁止」となります。しかし、恋人同士・夫婦でしたら毎日でも「会いたい」「声が聞きたい」が普通です。そこで、毎日のスキンシップは、ラインをもちいてのコミュニケーションとなります。当然、直接会いに行くことがベストですが「金銭的」「お仕事の面」でも難しいことは事実です。まずは、ラインを通して日々のお付き合いを行うことが最良となります。その上で、より以上を希望する方は担当スタッフに相談することをお勧めいたします。

≪結婚許可書はなかなか頂けない≫

婚約式から数えて、「結婚許可」を頂けるまでには、6か月條の期間が必要となります。外国人との結婚です。十分に審査の上で、夫婦の結婚が認められます。その間は、次のステップ(入籍・在留申請・入国)の準備をシッカリ進めましょう。

結婚許可が頂けた後の対応ついて

≪結婚許可のポイント≫
結婚許可が下りた場合、速やかにラオス国に出向き、役所から「結婚許可書」を頂く必要が有ります。「結婚許可書」を頂くことによる利点は、  
☆ラオス国での婚姻手続きが出来る  
☆ラオス国内でお二人だけで活動が出来る  
☆ラオス入籍後に、日本入籍・奥様入国へのルートが出来る 許可を頂けるということは、とても大切なことです。注意点としては、他国の運用で日本国から先に入籍を行ってしまうとラオス国側で「結婚許可」が出ないため、日本での入籍・配偶者資格の取得が出来なくなる点が有ります。地域にあった運用を行うことが、最善の近道とご理解ください。

≪結婚許可を頂くためには≫

結婚許可を頂くためには、奥様の自宅近くの役所に出向き、担当係官より「結婚許可書」授受を行う必要が有ります。そのためには、「旦那様」「奥様」「奥様の家族」の同席が必要となります。

≪結婚許可サイン渡航の日程≫

≪1日目≫  東京国際空港⇒ラオス・ワッタイ国際空港  
       
空港⇒宿泊ホテルへ送迎
≪二日目≫  婚約者・婚約者家族と合流後に役所へ          
       役所担当係官より「結婚許可書」を受け取り書類にサイン

       同席家族での会食会  
       「結婚許可書」を行政書士に委託し、ラオス国の入籍

       奥様を同伴してホテルにチェックイン
   
≪三日目≫  役所の関係での予備日
       時間を調整してラオス・ワッタイ空港から、奥様に見送られ日本に向け帰路     

        
≪ポイント≫ 
・婚約許可サイン渡航の日程は「2泊3日」が必要です。
       ・役所関係は、全て平日となります。
       ・結婚許可書授受後は、奥様との同泊が可能となります。

       ・三日目は、役所からの急な変更に対応するための予備日となります。
       ・役所からの変更依頼が有った場合は、二日目がフリーとなります。

       ・渡航費用・現地滞在費用・その他ラウンド費用が発生します。

※ラオス側の入籍が完了すると「結婚証明書」が発行されます。
※日本の入籍は、「結婚証明書」を使い報告的婚姻手続きとなります。
※注意点は、「結婚証明書」が1通しか発行されないという点です。
※「結婚証明書」は、以降の使用を考えて「原本還付」の必要が有ります。

≪両国の入籍が完了すれば≫

ラオス・日本の両国での入籍が完了すれば、「在留資格取得申請」が行います。
・該当手続きは、公文書扱いの対応のため代理(旦那様以外)作成・申請はできません。
・有資格者(行政書士・弁護士等)による作成・申請は可能となります。
・申請先は、最寄りの在留庁となります。。
・審査機関は、一般的に3か月程度を要します。
「在留資格任天証明書」の発行通知が申請許可となります。何かしらの理由で申請が下りなかった場合は、再申請となります。詳しくは、担当者に確認をお願いいたします。

≪在留資格認定証明書が頂ければ≫

「在留資格認定証明書」が頂ければ、奥様の日本入国の準備に入ります。まずは、奥様に在ラオス日本大使館に出向き、「VISA」の発給申請を行います。「VISA」は、原則1週間程度で発給されます。
ーーー在留認定証明書授受後のルールーーー
※「在留資格認定証明書」を授受後3か月以内の日本入国が必要。
※「VISA」発給後3カ月に日本入国が必要。
※理由なく入国をしない場合は、「在留資格認定証明書」「VISA」の取り消しとなります。
※VISA取得後は、速やかな入国が必要。

奥様お迎え渡航とは、

ラオス国際結婚サービスの最終イベントは、最愛の奥様を実家お迎えに行くことです。実家では、家族・親族・近所の方々・友人たちが集い、遠くに嫁に行く奥様を送り出すためのパーティーが模様されることが有ります。ご家族にとっては、奥様を日本に嫁がせる一大イベントとなります

≪奥様お迎え渡航の日程≫

≪1日目≫  東京国際空港⇒ラオス・ワッタイ国際空港  
       
空港⇒宿泊ホテルへ送迎
≪二日目≫  奥様の実家に出向き、送別パーティーに参加          
       送別パーティー参加後は、時間を調整して
奥様を同伴しラオス・ワッタイ空港へ移動          
       
時間を調整してラオス・ワッタイ空港から、奥様と日本に向け帰路     
        
≪ポイント≫ 
・奥様お迎え渡航の日程は「1泊2日」が必要です。
       ・帰国時は、奥様を引率して日本入国となります。
       ・渡航費用・現地滞在費用・その他ラウンド費用が発生します。

※日本入国時に奥様の「在留カード」の発行を入国空港で行います。
※日本入国後は、市役所への手続きを行います。
※会社への届け出・扶養申請とは忘れずに行ってください。
※当社への「役務提供終了届書」の提出、奥様関連資料の送付をお願いします。
 パスポートのコピー(写真・VISA等の箇所)
 在留カードのコピー(有効期限の確認含む)
 身分証明書のコピー  (IDカードの確認)
 成婚退会手続き用紙
 個人情報の取り扱い確認用紙

≪入国に際しての旦那様の役割≫
一番大切なことは、頼りがいのある旦那様のイメージとなります。奥様は、単身で未知の国「日本」に嫁いできました。日本に来て唯一頼れるのは、旦那様となります。このことが奥様にとっての一番の安心材料となるはずです。両親にも安心頂けるエスコートをお願いします。

奥様の日本入国で当コースの役務は、全て終了となります。

結婚証明書の取り扱い

 ラオス国で正式に入籍が完了すると「結婚証明証」が発行されます
 ラオス国で発行される結婚証明書+日本語翻訳文は、各1通と成ります。
 日本側での入籍・在留資格取得申請やその後の再取得等で必要となります。
 各役所に書類を提出する場合に、以降で原本が必要になる観点より、
 必ず原本還付(結婚証明書+日本語訳文)の手続きをお願いいたします。
 奥様が入国後も(結婚証明書+日本語訳文)は、大切に保管をお願いいたします。
 ラオスに出向く際は、必ず結婚証明書の原本のコピーを持参してください。

 

ラオス国際結婚の魅力

  他社の国際結婚で耳にする多くの問題をまとめて解決いたします
  ①お見合いでは、事前に約束した女性と会えない
  ②婚約後に、事前説明以上の費用の請求が多い
  ③結婚に前向きな女性との見合いが出来ない
  他社でありがちな3つの課題をまとめて解決いたします
  ①事前にプロフィールで確認した方とのお見合を実施。
  ②入会説明で、詳細の費用の説明もさせて頂きます。
  ③男性が興味のある女性に男性を紹介するため、業者都合の見合と成らない。
  航空券代金やホテル代、結納金などもご説明を聞いて納得してご入会下さい。
  そのために当社は、面談にて直接の説明をさせて頂いております。
  この様な事前確認が、前向きな女性の紹介に繋がっていきます。
  アジア国際結婚学院は、お見合い自体がとても大切と位置付けています。
  初めから、意図としない女性であれば、その後の結果は想像できてしまいます
  当会は、お見合で婚約者が確定した場合には、『紹介料』をお納めいただいております。
  また、その他の費用は現地にて発生する費用と成ります。

入会時の書類について

ラオス国際婚活で入会契約を行う際に提出する確認書類は、

<戸籍謄本> (家族全部記載):婚姻歴・家族構成の確認

<住民票>  (家族全部記載):現住所・同居者の確認

<身分証明書>(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード):本人確認

<収入証明> (源泉徴収票・納税証明書):前年度の収入確認

入会契約時に交わす書類

当社のラオス国際結婚にご入会する際に、当社とかわす書類は、

<誓約書>国際結婚を真面目に取り組む姿勢の確認

<入会申込書>入会意志の確認

概要書面> サービス内容の理解

<会員規約> 活動ルール等の理解

<個人情報に関する覚書>個人情報の取り扱いに関する理解

<健康状況申請書>国際結婚を行うに対しての健康状況の把握

<重要事項確認書>契約内容の理解と承諾

国際結婚,アジア国際結婚,未婚,未婚子供無し,お見合,実子希望,ラオス,ラオス女性,ラオス国際結婚,ラオス人との結婚,タイ,タイ女性,タイ国際結婚,タイ人との結婚,ベトナム,ベトナム女性,ベトナム国際結婚,ベトナム人との結婚,ミャンマー,ミャンマー女性,ミャンマー国際結婚,ミャンマー人との結婚,中国, 中国女性, 中国国際結婚, 中国人との結婚,ロシア, ロシア女性, ロシア国際結婚, ロシア人との結婚,ウクライナ, ウクライナ女性, ウクライナ国際結婚, ウクライナ人との結婚,韓国, 韓国女性, 韓国国際結婚, 韓国人との結婚,カンボジア, カンボジア女性, カンボジア国際結婚, カンボジア人との結婚,モンゴル, モンゴル女性, モンゴル国際結婚, モンゴル人との結婚,アメリカ, アメリカ女性, アメリカ国際結婚, アメリカ人との結婚,ハワイ, ハワイ女性, ハワイ国際結婚, ハワイ人との結婚,在日, 在日女性, 在日国際結婚, 在日との結婚,技能実習生, 技能実習生女性, 技能実習生との国際結婚, 技能実習生との結婚,留学生, 留学生女性, 留学生との国際結婚, 留学生との結婚, #国際結婚 #アジア国際結婚 #未婚 #未婚子供無し #お見合 #実子希望 #ラオス #ラオス女性 #ラオス国際結婚 #ラオス人との結婚 #タイ #タイ女性 #タイ国際結婚 #タイ人との結婚 #ベトナム #ベトナム女性 #ベトナム国際結婚 #ベトナム人との結婚 #ミャンマー #ミャンマー女性 #ミャンマー国際結婚 #ミャンマー人との結婚 #中国 #中国女性 #中国国際結婚 #中国人との結婚 #ロシア #ロシア女性 #ロシア国際結婚 #ロシア人との結婚 #ウクライナ #ウクライナ女性 #ウクライナ国際結婚 #ウクライナ人との結婚 #韓国 #韓国女性 #韓国国際結婚 #韓国人との結婚 #カンボジア #カンボジア女性 #カンボジア国際結婚 #カンボジア人との結婚 #モンゴル #モンゴル女性 #モンゴル国際結婚 #モンゴル人との結婚 #アメリカ #アメリカ女性 #アメリカ国際結婚 #アメリカ人との結婚 #ハワイ #ハワイ女性 #ハワイ国際結婚 #ハワイ人との結婚 #在日 #在日女性 #在日国際結婚 #在日との結婚 #技能実習生 #技能実習生女性 #技能実習生との国際結婚 #技能実習生との結婚 #留学生 #留学生女性 #留学生との国際結婚 #留学生との結婚