各国の特徴

「敵を知り、己を知れば、百選危うからず。」と言う言葉が有ります。
国際結婚を目指す貴方に国際結婚の基礎的な情報をお伝えさせて頂きます。
自分の紹介する女性のお国柄については、お伝えしているホームページは沢山ありますが、まず、国際結婚が可能な国に関しての比較が可能な情報は、なかなか無いと考え、アジア国際結婚学院として、アジアの諸外国を中心に可能な限りの情報をまとめてみました。
自分の希望に合った女性は、どの国の女性なのか、その際のリスクも感じ取ってください。
しかし、相手の女性が日本人を好むか?は、わかりませんね。

アジアの特徴

国際結婚は、大きく分けて「自由恋愛結婚」と「紹介斡旋結婚」が有ります。
文字通り、「自由恋愛結婚」は国内海外を問わず色々な場面で発生しています。
数字的にも「自由恋愛結婚」がその大半を占めていると言っても過言では有りません。
「紹介斡旋結婚」は、結婚相談所等を活用して結婚する国際結婚を差します。
「自由恋愛結婚」と違い、「紹介斡旋結婚」は、女性側に金銭や就労目的が大半である点が伺えます。
日本の労働環境に対して、入管法が厳しく自由に労働目的のみで簡単に入国が出来ないことも、その温床と成っている結果と成ります。
無条件で来日して仕事を行う、一番の解決策が「紹介斡旋結婚」と成ります。
日本に入国するのに、女性側として非常にリスクの低い選択肢と言えます。
その上、入国時に頂ける日本の「配偶者等」のビザは、条件なしで就労が可能と成っているためです。
海外では、「配偶者等」=「労働ビザ」ではなく「労働制限」が有ることが一般的なため、就労のために国際結婚を行うには、リスクが高いと言えるからです。
では、国際結婚の実態はどの様になっているのでしょうか。
厚生労働省のデータに興味をそそる内容が有りましたのでご紹介させて頂きます。
まだまだ、今の日本に於ける国際結婚の割合は、一般的な結婚に対して、かなり少ない傾向に有ります。
島国の日本としては、大陸文明と違い国の行き来が難しい点がその比率の低下を招いています。
また、以前にもまして入国管理局の判断も厳しくなり、「偽装結婚」に敏感になった面もその要因と言えるのではないでしょうか。
この 20 年間の推移を見てみると、国際結婚の割合は前半の10年は、増加傾向にありました。
その後、減少に転じ現在は3.5%の推移を維持している状況が伺えます。

<国際結婚割合表>

1996年 2001年 2006年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
3.6% 4.8% 6.1% 3.8% 3.5% 3.3% 3.3% 3.3% 3.6% 3.5% 3.5%
1996年 3.6%
2001年 4.8%
2006年 6.1%
2011年 3.8%
2012年 3.5%
2013年 3.3%
2014年 3.3%
2015年 3.3%
2016年 3.6%
2017年 3.5%
2018年 3.5%

あまり多いと はいえない状況が続いています。
特に、2012年以降の7年間は、国際結婚割合は3%の半ばで推移して居るのが現状です。
このことから、日本の国際結婚人口は年間3%半ばで安定的に推移している現状が見えます。
しかし、その内容に於いては、変化が見受けられます。

1996年 2016年
割合 割合
1位 フィリピン 6645 23.4% 中国 5526 26.1%
2位 中国 6264 22.1% フィリピン 3371 15.9%
3位 韓国 4461 15.7% その他 2349 11.1%
4位 タイ 1760 6.2% 韓国 2031 9.6%
5位 その他 1022 3.6% タイ 970 3.7%

日本人の男性との成婚数のみをカウントしています。
日本人の女性との婚姻数は、対象外とカウント。
全体的な婚姻数の減少も有り、1位の中国でも数字的には20%近い減と成っています。
他は、50%近い減も有ります。

注目すべきポイントは、日本人の男性が国際結婚する場合、「アジアの女性との婚姻」が実に80%以上を占めているということです。
このことから、アジアの女性との婚姻が8割で固定化している日本人男性の国際結婚に対する考え方には、特筆すべき内容と言えるのではないでしょうか。
また、この数年間の間では「ベトナム」「ラオス」等の東南アジアの躍進が非常に目を見張るものが有ります。
国勢調査における50歳時点での結婚経験なしの最新状況を見ると、男性が25.0%(4人に1人)、女性が14.3%(7人に1人)である。
この未婚化データから考えるならば、日本の未婚男性が「女性が年上だったり、学歴が上だったり、いろいろな国籍の方だったりしても、とりあえず多様な女性に積極的に会ってみよう、チャレンジしてみようかな」という気持ちを持ったその先に、もしかすると、待ち望んだ運命の女性がいる可能性は、低く無いのではないかと思います。
是非、その辺りを鑑みての国際婚活を進めてみると良いのではないでしょうか。

各数字は、厚生労働省の「人口動態統計」より引用

国ごとの特徴

  • ラオス
  • タイ
  • ベトナム
  • ミャンマー